債務整理のケースの紹介

弁護士厚木です。
相川町での債務整理のケースの紹介です。

債務整理というと通常支払いがなかなか難しくて、それでさっきの整理をしたいということでいらっしゃる方が多いです。
しかしこの方の場合は、何年も払っていませんでしたということで、相談にきます。

なぜかと言うと、債権者の中から督促状が届いてしまって、これ払わなければいけないのか?ということで改めて何年も払っていなかったが改めてそこで整理をしたいといらっしゃったものです。

比較的若い方にこのように何年も払って無かったところ、督促状が来たので相談に来たと言う方はいます。

結婚とか転職とかそういうものを気に、忘れていた借金をしっかり整理しようといらっしゃることが多いようです。

この方も元々、4社に対して150万円という借金があったというものの支払いを止めて何年もたっていました。
このように何年もたっているケースでは、時効消滅時効が成立している可能性があります。

時効というのは何かというと、こういう借金であっても長い間払っていない場合には、そもそも権利自体が無くなってしまうという制度です。

消費者金融の借金の場合には、支払いをとめて業者側から一括請求されるような状態になったその時から、5年間たつと時効が主張できることが多いです。

ただこの5年たつ前にまた払ってしまったりとか、借金の支払いを約束したりとか、または業者側から裁判所に裁判をしたてられて、裁判所で支払いなさいよと判決が出てるようなケースでは、時効は主張ができません。

業者側は、つまりこの時効が成立しないさせないためには裁判を起こすという選択をするのです。
長い間借金を払っていないというこのような方のケースでは、裁判を起こされていますかと聞いてもよく分からないというのがほとんどです。
家に裁判所から手紙が届いたかどうかとか、家族が受け取っていたとか、そもそも家にいなかったとか、そのようなケースで裁判が起こされているかどうか自体、よく分からずに、相談にいらっしゃることが多いです。

この方もそのような状態でしたので弁護士が入って依頼を受けて捜査をしています。

そのような捜査をしたところ4社中2社に関しては時効が成立している、ということで借金に関しては内容証明で時効を主張するということで消しています。

ところが残りの2社に関してはこの5年がそもそもたっていなかったりとか、裁判を起こされているということで、時効が成立していないということで支払い義務残ってしまうということが判明しました。

支払い義務が残るのは150万円ありそうにみえたもののうち、60万円ということになりましたので、この60万円を分割で払っていくという交渉をして、3年間での分割払いでの交渉に応じてもらえることができました。

そのため今後この三年間で分割払いをしていって借金の支払い、それで終了になるというケースです。

相川町にお住まいの方の債務整理のケース紹介でした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク